愛人契約

2020年04月16日

愛人契約してたことあるんですけど、本当にお金のためでしたよね。
シングルマザーだったんです。子どもが体弱かったのもあるんですけど、なかなかちゃんとした仕事に就けなくて。
一応、そういうのにも理解のある職場を探して面接うけまくってましたよね。
だけど、実際採用されても、ちょいちょい休むから仕事が覚えられない、他の同僚から嫌み言われたり、嫌われたりで居心地悪くなってしまって。
自分から辞めることも多かったですよ。
子どもを言い訳にして休んでるって言われるとそれまでなんだけど、本当に熱が出たり喘息の発作が出たり原因不明の下痢嘔吐・・・目が離せなかったんです。
地方に住んでる母親にも相談したんですけど「五歳くらいになれば、落ち着くから。あとちょっとの我慢だから。頑張って!」って励まされて涙出て・・・
パトロンの意味
あと数年の我慢って愛人契約を考えたんです。
仕事探さなくても生活できる環境が欲しかったんですよね。
愛人契約すると、お金もらえて、仕事しなくても済むって考えたんですけど、なかなかそこまでのお金を出してくれる人がいなくて・・・
それに、急な呼び出しされても子どもを置いて出かけるわけにも行かないし。
愛人契約も無理だな~って絶望的な気持ちになりましたよね。
中にはシンママの立場とか分かってくれる優しい男性もいましたけど、たいていは自分の都合で愛人契約したい男性ですから、こっちの事情なんて理解してくれないんですよ。
仕事も愛人契約も同じだなって思いましたよね。
こっちも何もしないでお金だけくださいって言ってるわけじゃないんですけど・・・やってることはそれとたいして変わらないんですよね。
デート援
副収入